第104回全国高校野球選手権千葉大会の抽選会が、いよいよ23日に開催される。今年は有観客開催も決まり、ファンの中でも盛り上がっているなか、注目の楽しみな選手4名を紹介したい。

 投手では千葉黎明伊東 賢生投手(3年)は、最速142キロの直球に加え、切れ味抜群のスライダーを武器とする。さらに、大型右腕・八千代松陰森 陽生投手(3年)は、130キロ中盤の速球に切れ味鋭いスライダーを武器に、昨秋県大会ベスト4に導いた。

 千葉商大付浦部 竜樹内野手(2年)は佐倉シニア出身の右の強打者で、パワフルなスイングから放たれる打球は必見だ。巧打者の市立柏栗原 泰人外野手(3年)は、昨秋が遊撃手、今年は中堅手を守るなど、高い身体能力を生かしたプレーが光る。対応力も高く、夏でも飛躍が期待される。

 そんな4選手の詳しい寸評は選手名鑑で掲載!

最速142キロの直球、切れ味抜群のスライダーが光る
伊東賢生 (千葉黎明)

130キロ中盤の速球を投げる大型右腕
森陽生(八千代松陰)

パワフルなスイングを見せる右の強打者
浦部 竜樹(千葉商大付)

対応力、身体能力の高さを持つ実力者
栗原 泰人 (市立柏)

新設された注目選手コーナーは日々更新中!各都道府県別ページ内からご覧いただけます。



スマートフォン版


パソコン版