第71回 全日本大学野球選手権大会は2回戦がスタート。東京六大学覇者・明治大が初戦を迎え、神奈川大に3対0で勝利した。

 今季5勝を収めた村田 賢一投手(3年=春日部共栄出身)が8回7奪三振、無失点の快投だった。村田といえば、140キロ前半の速球、多彩な変化球をコーナーにしっかりと投げ分ける投球が光る。大学生となって初の全国舞台でも遺憾なく実力を発揮。チームをベスト8進出に導いた。

(動画を見る)