2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は山口を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 下関商 7回
2位 宇部商 6回
3位 柳井 5回

 山口県勢は夏の甲子園で優勝が1回、準優勝は実に6度もある。優勝は1958年(昭33)の柳井が果たしているが、その前の1939年(昭14)下関商、1963年(昭38)の下関商、翌1964年(昭39)の早鞆、1972年(昭47)の柳井、1974年(昭49)の防府商、そして1985年(昭60)の宇部商があと1つで優勝を逃している。伝統的に公立校が強かった昭和の山口県代表校。記憶に新しいのは、やはり1985年の決勝で「KKコンビ」擁するPL学園(大阪)とほぼ互角に戦った宇部商だろう。
 当時指揮を執っていた玉国光男監督はこう振り返ったことがある。「山口で公立校が強いのは、2年半で上手くなっていく先輩を下級生が一番身近に見て自信をつけることにあると思う。練習は同じだし、わしも頑張ればあそこまでうまくなれるんだって。努力すれば報われるといういいお手本がいる。それが脈々と続くんだから。最初から上手くなくても、そこそこやれるんですよ」。逆転劇が多かった宇部商。そんな「伝統」が息づいていたのかもしれない。

 山口県初代表は豊浦中(現・豊浦)。初勝利は1925年(大14)の柳井中(現・柳井)が挙げた。最高成績は柳井の優勝。山口県勢の通算成績は78勝72敗で、勝利数の都道府県ランキングは15位。

★山口県勢の代表回数上位ランキング
1位 宇部商 12回
2位 下関商 9回
3位 柳井  7回
4位 岩国  5回
5位 岩国商 4回

★山口県勢の甲子園勝利数上位ランキング
1位 宇部商 19勝(準優勝1回、4強1回、8強2回)
2位 下関商 16勝(準優勝2回、4強1回、8強2回)
3位 柳井 12勝(優勝1回、準優勝1回、8強2回)
4位 防府商工 4勝(準優勝1回)
4位 早鞆 4勝(準優勝1回)
4位 岩国 4勝(8強1回)