2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は群馬を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 桐生 14回
2位 高崎商 9回
3位 前橋工 9回

 上記の3校が昭和の群馬をリードしてきた。桐生は桐生中だった戦前の1936年(昭11)はのちに阪神に入団した青木 正一投手、皆川 定之内野手がいて、2勝してベスト4に勝ち進んだ。この年のセンバツでは準優勝している実力校でもあった。指導していたのは稲川 東一郎監督。自ら在校時代に野球部を設立し、卒業後に監督へ。当時では珍しかったウエートトレーニングを取り入れ、独自の打撃練習をするなど、パイオニア的な指導者だった。1967年(昭42)、公式戦の試合中にベンチで倒れ、そのまま帰らぬ人へ。享年61。ユニホーム姿のままこの世を去ったのも有名な話だ。

 その後、前橋工高崎商がライバルとして甲子園出場を果たしていく。高崎商は1938年(昭13)、前橋工は1974年(昭49)にベスト4まで進んだ。昭和の時代、この3校のベスト4が最高成績だった。近年、前橋育英健大高崎桐生第一が台頭している群馬県勢。その土台はこの3校が作ったといっても過言ではないだろう。

 群馬県初代表は前橋中(現・前橋)で、初勝利も前橋中。最高成績は1999年(平11)桐生第一、2013年(平25)前橋育英の優勝。群馬県勢の通算成績は70勝71敗で、勝利数の都道府県ランキングは20位タイ。

★群馬県勢の代表回数上位ランキング
1位 桐生 14回
2位 高崎商 11回
3位 桐生第一 9回
3位 前橋工 9回 
5位 前橋育英 6回

★群馬県勢の甲子園勝利数上位ランキング
1位 桐生第一 13勝(優勝1回、4強1回) 
2位 前橋工 12勝(4強3回)
2位 桐生  12勝(4強1回、8強3回) 
4位 前橋育英 9勝(優勝1回)
5位 健大高崎 6勝(8強1回)
5位 東農大二 6勝