2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は埼玉を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 大宮 5回
1位 熊谷商 5回
3位 上尾 4回

 昭和の埼玉といえば、上尾の名前が浮かぶ。出場回数こそ、大宮熊谷商に負けているが、1975年(昭50)のベスト4が印象に残る。エース今太投手が初戦から準決勝までの4試合をすべて完投した。初戦となった2回戦で小倉南(福岡)に5対4の延長10回サヨナラで勝利すると、3回戦では四国の強豪、土佐(高知)を4対3で振り切る。準々決勝では現巨人監督の原 辰徳擁する東海大相模(神奈川)に5対4で勝利。2対4で迎えた8回に一気に3点を奪っての逆転勝利だった。敗れた準決勝も新居浜商(愛媛)に5対6の惜敗と、すべて1点差ゲームで見ているものをひきつけて離さなかった。

 古くは怪腕もいた。1951年(昭26)に出場した熊谷の2年生エース、服部 茂次投手は、初戦の2回戦、準々決勝と完封勝利を挙げた。2回戦では下関西(山口)を3安打完封(4対0)、準々決勝で大垣北(岐阜)相手に延長11回8安打完封(2対0)、そして準決勝の県立和歌山商戦ではなんと、ノーヒットノーラン(1四球)の快挙を達成している(4対0)。29イニング連続無失点で臨んだ決勝は平安(京都=現・龍谷大平安)に初回に3点を奪われるなど、14安打を許し4対7で敗れたが、2017年(平29)に花咲徳栄が埼玉県勢初優勝を決めるまで、埼玉県勢最高成績(1993年・平5の春日部共栄も準優勝)を誇っていた。服部はのちに洋松ロビンス(現・DeNA)に入団しプロで5勝を挙げた。

 埼玉県初代表は熊谷で初勝利も熊谷。最高成績は花咲徳栄の優勝。埼玉県勢の通算成績は70勝64敗で、勝利数の都道府県ランキングは20位タイ。

★埼玉県勢の代表回数上位ランキング
1位 浦和学院 14回  
2位 花咲徳栄 7回 
3位 春日部共栄 5回  
3位 大宮 5回 
3位 熊谷商 5回

★埼玉県勢の甲子園勝利数上位ランキング
1位 花咲徳栄 12勝(優勝1回、8強1回)
1位 浦和学院 12勝(4強1回、8強1回)
3位 春日部共栄 7勝(準優勝1回)
4位 大宮 6勝(4強1回、8強1回)
4位 熊谷商 6勝(8強2回)