2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は宮崎を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 高鍋 6回
2位 都城 5回
3位 宮崎商 3回

 

 宮崎初代表となった高鍋を始め、都城宮崎商の3校は昭和の宮崎を代表する実力校として甲子園の舞台に挑んだ。特に1964年(昭39)から宮崎県勢が2年連続して4強に進み、宮崎県の存在感をアピールした。

 宮崎商のエースで4番だったのが、のちに広島で活躍する水谷 実雄だった。初戦の旭川南(北海道)を6安打完封すると、2回戦の滝川(兵庫)、準々決勝の熊谷商工(埼玉=現・熊谷商)を連続1失点完投勝利で準決勝へ。高知相手に0対1と惜しくも決勝進出はならなかったが、水谷は甲子園4試合で3失点の好投。この年のドラフト4位で広島入りした。

 翌年の高鍋のエース牧 憲二郎はさらに上をいった。初戦の保原(福島)、準々決勝の東邦(愛知)と2試合連続完封。準決勝の銚子商(千葉)戦でも7回まで無失点と、甲子園25イニング連続無失点の快投を見せた。この時点で1対0でリードしていたが、8回に同点とされると9回にサヨナラ負け。3試合27イニングを投げでラスト2イニングの2失点で甲子園を去ることになった。銚子商のエースはのちにロッテで活躍した木樽 正明投手。牧はこの年のドラフトで南海(現・ソフトバンク)1位でプロ入りした。

 宮崎県勢初勝利は1957年(昭32)の宮崎大宮。最高成績は2013年(平25)延岡学園の準優勝。宮崎県勢の通算成績は53勝61敗で、都道府県ランキングは31位タイ。

★宮崎県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 日南学園 9回
2位 都城   8回
3位 延岡学園 7回
4位 高鍋   6回
5位 宮崎商  5回 

★宮崎県勢の甲子園勝利数上位ランキング1位 日南学園 9勝(8強1回) 
2位 都城   7勝
3位 延岡学園 6勝(準優勝1回) 
3位 高鍋   6勝(4強1回)
5位 宮崎商  5勝(4強1回)
5位 都城商  5勝(8強2回)