2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は岡山を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 岡山東商 10回 
2位 倉敷工 7回
3位 岡山南 4回

 岡山東商は昭和の時代、のちに大洋(現・DeNA)投手として日本を代表する右腕となる平松政次投手を生んだ。1965年(昭40)のセンバツで39イニング連続無失点の大会記録樹立で岡山県勢初の甲子園優勝を導いた。春夏連覇を目指して夏も甲子園に乗り込んだが、初戦は降雨ノーゲーム。予選の疲労もあって恵の雨になるかと思われたが、再試合で日大二(東京)に敗れている。この年の倉敷商にはのちにヤクルトのエースにもなった松岡弘投手もいて、平松は松岡に投げ勝って春夏連続甲子園を決めている。

 岡山東商その後、1971年(昭46)と1978年(昭53)に2度ベスト4に輝いた。1971年には報徳学園(兵庫)、県立岐阜商と全国の強豪を破って4強入り。桐蔭学園(神奈川)に敗れた。また1978年は、取手二(茨城)福井商、旭川竜谷(北海道=現・旭川龍谷)と破り、準々決勝では延長10回サヨナラで豊見城(沖縄)を下して4強入りした。ここも高知商に敗れて決勝進出はならなかったが、平松投手が後輩に残したものは大きかった。

 岡山初代表は岡山一中(現・岡山朝日)で、初勝利も初出場のときの岡山一中が初戦でマークした。最高成績は1999年(平11)、岡山理大附の準優勝。岡山県勢の通算成績は64勝65敗。勝利数の都道府県ランキングは25位タイ。

★岡山県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 岡山東商 11回  
1位 倉敷商  11回 
3位 倉敷工  9回  
3位 関西   9回 
5位 岡山理大附 5回
5位 岡山南  5回  

★岡山県勢の甲子園勝利数上位ランキング
1位 倉敷工 14勝(4強2回)
2位 岡山東商 11勝(4強2回)
2位 関西   11勝(4強1回、8強2回)
4位 倉敷商  8勝(8強2回)
5位 岡山理大附 6勝(準優勝1回)