2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は大分を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 大分商 12回 
1位 津久見 12回
3位 臼杵 2回
3位 別府鶴見丘 2回
3位 日田林工 2回
3位 佐伯鶴城 2回
3位 柳ヶ浦 2回

 大分といえば、やはりこの上位2チーム、津久見大分商の名前が挙がる。津久見は1972年(昭47)に全国優勝、大分商も4度8強に輝いている。昭和の時代に「ライバル」だったこの2校。実は対照的だったともいえる。

 大分商は高校野球の古豪らしく、守り重視で組織だったチームづくりの伝統を持つ。投手を中心として細かいプレーを駆使し、勝利をもぎとってきた。

 津久見はある意味、正反対だったかもしれない。夏の優勝の前にも、1967年(昭42)にセンバツで優勝しているが、ともに指揮した小島 仁八郎監督が、独自の路線を貫いていた。練習時間は2、3時間程度。個々を重視し「長所を伸ばす」ことが中心だったという。サインもほとんどなく、スクイズも1度試みて失敗して以降、サインはでなかった。高校生を「大人あつかい」して押さえつけることなく将来をみすえた指導方法。まさに時代を先取りしていた。

 優勝した甲子園の戦いを振り返っても、初戦が鹿児島商に9回サヨナラ勝ち。2回戦の苫小牧工(南北海道)相手に17安打を放ち13対1で圧勝したと思えば、準々決勝の明星(大阪)には1対0の9回サヨナラ勝ち、準決勝で天理(奈良)に5対3で逆転勝ち、決勝の柳井(山口)相手には5安打3得点で堅実に勝利した。戦い方は実にバラエティーに富んでいた。型にはめない、選手の自主性に任せた指導が結実したのかもしれない。

 2年前の夏の独自大会では県で優勝を果たした津久見。昭和の最後、1988年(昭63)に春夏甲子園に出場して以来、甲子園から遠ざかっている。

 大分県勢の夏甲子園初出場は大分商。初勝利も大分商だった。最高成績は津久見の優勝。大分県勢の夏甲子園通算成績は58勝71敗で、都道府県勝利数ランキングは29位。

★大分県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 大分商 15回
2位 津久見 12回
3位 柳ヶ浦 8回
4位 明豊 7回
5位 日田林工 4回

★大分県勢の甲子園勝利数上位ランキング
1位 津久見 16勝(優勝1回、8強4回) 
2位 大分商 12勝(8強4回)
3位 明豊  9勝(8強3回)
4位 柳ヶ浦 7勝(4強1回)
5位 日田林工 4勝