2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は三重を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 三重 6回
2位 海星 5回
2位 明野 5回

 三重は1966年(昭41)に初出場して、一定期間黄金時代を築いた。その年に甲子園初出場初勝利をマークすると、1976年(昭51)までの11年間で6回甲子園に出場した。最も好成績を収めたのは1968年(昭43)のベスト8。この時、2年生エースだった上西博昭投手は翌年のセンバツに出場して優勝投手となっている。上西は阪神からドラフト4位指名を受けたが入団を拒否。愛知の中京大に進学しチームのリーグ優勝に貢献している。その後、プロゴルファーとなっている。

 三重の背中を追うように強くなっていった海星明野は5回ずつ出場したが、昭和の時代に三重の8強を超えることはなかった。現在は強豪チームが増えたが、三重海星はまだ三重県に君臨している。

 三重県の初出場は山田中(現・宇治山田)、初勝利は1955年(昭30)初出場初優勝を果たした四日市。最高成績はこの四日市の優勝。三重県勢の通算成績は35勝58敗で、勝利数の都道府県ランキングは42位タイ。

★三重県勢の代表回数上位ランキング
1位 三重 13回
2位 海星 11回
3位 明野 5回
4位 相可 3回
4位 四日市工 3回
4位 宇治山田商 3回

★三重県勢の甲子園勝利数上位ランキング
1位 三重 13勝(準優勝1回、8強1回)
2位 海星 7勝(8強2回)
3位 四日市 4勝(優勝1回)
4位 いなべ総合 2勝
4位 相可 2勝
4位 明野 2勝
4位 津田学園 2勝