6月18日に東西東京大会の組み合わせ抽選会が開催される。

 今回はノーシード校から楽しみな選手を4名紹介していきたい。

 日大二の大型左腕・大野 駿介投手(3年)は130キロ前後ながら角度ある直球と縦系変化球で勝負する。昨秋ベスト8に導いた好右腕・山崎 優投手(3年=都立狛江)もゲームメイク能力が高く、ノーシードからの反攻を狙う都立狛江のキーマンとなりそうだ。

 松原 康介内野手(3年=目白研心)も強打が光る三塁手。日大豊山狩野 光晴捕手(3年)は1.9秒台の強肩と広角に打ち分ける強打が光る好捕手で、ポテンシャルの高さはトップクラスだ。

 そんな4選手の詳しい寸評は選手名鑑で掲載!


大野 駿介 (日大二)


山崎 優 (都立狛江)


松原 康介(目白研心)


狩野 光晴 (日大豊山)

新設された注目選手コーナーは日々更新中!各都道府県別ページ内からご覧いただけます。



スマートフォン版


パソコン版