中越のユニホーム

 2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は新潟を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 新潟商 5回
1位 中越 5回
3位 新発田農 4回

 昭和の時代に新潟を代表する存在だったのは新潟商中越だった。中越は1978年(昭53)に初出場すると1980年代に4回甲子園に出場した。

 甲子園で2勝して新潟を元気づけたのは、新発田農新潟南だった。1981年(昭56)に2年連続3度目の出場を果たした新発田農が、広島商東海大甲府(山梨)を破って3回戦へ進出した。新潟南は初出場した1984年(昭59)に、京都西(現・京都外大西)、明徳義塾(高知)に勝利してベスト8に入った。2チームともに初戦は延長戦の末に勝利する劇的勝利で、地元ファンを熱狂させた。新潟商中越ほどの出場回数はなかったが、昭和の新潟高校野球を彩った存在だった。

 新潟県勢初出場は長岡中。初勝利も長岡中。最高成績は、決勝で9回に5点を挙げあと1点という奇跡の追い上げを見せた日本文理の2009年(平21)準優勝。新潟県勢の甲子園通算成績は28勝60敗。勝利数のランキングは46位と、山形に次いでワースト2位。

★新潟県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 日本文理 11回
1位 中越 11回
3位 新潟明訓 7回
3位 新潟商 7回
5位 新発田農 6回
5位 長岡 6回

★新潟県勢の甲子園勝利数上位ランキング
1位 日本文理 9勝(準優勝1回、4強1回)
2位 新潟明訓 7勝(8強1回)
3位 新潟商 3勝(8強1回)
3位 新発田農 3勝
5位 新潟南 2勝(8強1回)
5位 中越 2勝