2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は香川を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 高松商 15回
2位 坂出商 5回
3位 高松一 3回
3位 志度商 3回

 香川の高校野球の「顔」にもなっている高松商。その名前はすっかり全国区にもなっている。もちろん、香川の昭和の時代の「主役」でもあった。1976年(昭51)からは、今でも県の記録となっている5連覇を果たすなど圧倒的存在感を見せた。

 昭和としての最初の大会となった1927年には夏甲子園で2度目の優勝も手にしている。この時のエースはのちに巨人などで名将の名をほしいままにする水原 茂氏だった。

 高松一が1949年(昭24)と1951年(昭26)に出場してともに4強に進んだが、「怪童」と呼ばれ、のちに西鉄で活躍した中西 太氏がいた。3年夏だった51年ではランニング本塁打を2本放つなど俊足も兼ね備えていた。打球の速さに驚いた野手が多かったこともあり「怪童」と呼ばれた。

 今年の夏に向けては、名門・高松商はプロ注目のスラッガー浅野 翔吾外野手(3年)を擁し、2年連続出場を目指す。また、高松一は昨年秋に県ベスト8に進出し、21世紀枠の四国地区推薦校にも選ばれた。古豪の復活に期待される。

 香川県の夏甲子園初出場は1回大会の高松中。初勝利は2回大会出場の香川商が初戦でマークしている。最高成績は優勝で高松商が2度経験。県勢通算成績は68勝69敗で勝利数のランキングは22位。

★香川県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 高松商 21回
2位 尽誠学園 11回
3位 坂出商 8回
4位 丸亀城西 5回
5位 高松 4回
5位 丸亀 4回
5位 四学大香川西 4回

★香川県勢の甲子園勝利数上位ランキング
1位 高松商 23勝(優勝2回、4強1回、8強4回) 
2位 尽誠学園 13勝(4強2回、8強1回)
3位 坂出商 8勝(準優勝1回、8強1回) 
4位 高松一 7勝(4強2回、8強1回)
5位 高松 5勝(4強2回、8強2回)
5位 志度 5勝(8強2回)