5月25日、東洋大が立正大に勝利を収め、二部優勝を決めた。

 この日、最も活躍を見せたのは小口 仁太郎主将(4年=智辯学園)だ。
 1回裏、一死一、二塁のチャンスから適時二塁打を放ち、5回裏にも適時打を放ち、3打点の活躍だった。一塁上では常に声を出してナインを鼓舞し、チームを牽引してきた小口。入れ替え戦でも勝負強い一打が期待される。

(動画を見る)