5月21日開幕の春季関東地区高校野球大会に埼玉県からは浦和学院山村学園が出場する。

 浦和学院芳野 大輝投手(3年)、小林 聖周外野手(2年)をピックアップしたい。芳野はセンバツ準決勝で登板も、1イニングを投げきれず、悔しい思いをした。その後、春季県大会決勝戦では先発し、好投を見せて優勝に貢献した。小林はセンバツ準々決勝でバックホームの好返球でピンチを救うなど、印象的なプレーが多かった。センバツ後の県大会でも俊足快打を披露し、存在感を示している。

 山村学園から坪井 蒼汰内野手(3年)と佐藤 実倫投手(3年)を紹介したい。坪井は浦和シニア時代に全国制覇を経験した。旧チームから主力選手として活躍し続けている実力者で、シャープかつ、高校通算19本塁打のパンチ力あるスイングが光る。佐藤は強豪・東北楽天シニアでプレーしていた投手で、最速132キロを軸に切れのある変化球などで打者を抑えるサウスポー。春の県大会はケガの影響で万全ではなかったが、エース格として投手陣を引っ張る。

 そんな4選手の詳しい寸評は選手名鑑で掲載!

センバツで評価上昇の浦和学院の外野手。スピード感溢れるプレーに注目
小林聖周(浦和学院)

センバツの悔しさバネに成長する左腕
芳野大輝(浦和学院)

中学時代は日本一を経験 花咲徳栄を破った新鋭・山村学園の主将は19本塁打のスラッガー
坪井蒼汰(山村学園)

センバツ4強・浦和学院相手に好投 楽天シニア出身のサウスポーは関東大会でも好投なるか
佐藤実倫(山村学園)

新設された注目選手コーナーは日々更新中!各都道府県別ページ内からご覧いただけます。



スマートフォン版


パソコン版