甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2017年にセンバツに出場し、2年連続の優勝を目指した智辯学園(奈良)の主な選手たちのその後を紹介する。(学年は当時)

投手 松本 竜也(3年)=ホンダ鈴鹿ー広島
捕手 石田 航大(3年)=龍谷大ー大和ガス
内野手  畠山 開成(3年)=龍谷大
内野手 田渕 竜臣(3年)=福井工業大
内野手 岡野 龍太(2年)=帝京大
内野手 太田 英毅 (3年)=立教大ー東芝
内野手 高塚 勢牧(2年)=大阪経済大
外野手  西岡 寿透(3年)=帝京大
外野手 加堂 陽太(3年)=大阪商業大
外野手  福元 悠真(3年)=大阪商業大ー中日
外野手 左向 澪(2年)=東洋大

 当時エースとして活躍した松本はホンダ鈴鹿に進み、4年間を過ごすと、2021年にドラフト5位で広島に入団。1年目にして既に1軍で登板している。

 福元は大阪商業大に進学後、4年ではリーグの最優秀選手にも選ばれた。そして、松本と同じく、2021年にドラフト6位で中日に入団。持ち前の長打力を生かしてプロの舞台での活躍を目指す。

 岡野 龍太は帝京大に進学、今シーズンがラストイヤーで主将を務める。4年間の集大成をみせたい。

 卒業後、多くの選手が大学のみならず、プロ、社会人など数々の舞台で活躍している。プロ入りの松本、福元を筆頭に、今後プロ入りが期待される太田など楽しみな選手ばかりだ。