5月21日から開幕する春季関東高校野球大会(栃木)。東京都から関東一(1位)、二松学舎大附(2位)が出場する。

 関東一井坪 陽生(ひなせ)外野手(3年)、二松学舎大附布施 東海投手(3年)、瀬谷 大夢外野手(3年)が注目されている。

 ただ両校には、それ以外にも注目すべき選手がいる。二松学舎大附は期待の二刀流・大矢 青葉外野手、日笠 礼凰内野手の2年生コンビを紹介。大矢は、センバツで最速141キロをマークし、4回無失点に抑える好リリーフ。さらにセンバツ後の都大会でも豪快な本塁打を放った。また日笠は1年生から主力打者として活躍するスラッガーだ。

 関東一は下級生から活躍し、先発、リリーフとして活躍する成井 颯投手(3年)、そしてスピード野球の申し子である1番・柳瀬 冬和外野手(3年)をピックアップ。柳瀬は今年の都大会・日体大荏原戦で、ランニングホームランを記録した。

 そんな4選手の詳しい寸評は選手名鑑で掲載!

二松学舎大附期待の二刀流 2年生ながら投打ともに潜在能力は抜群
大矢 青葉(二松学舎大附)

二松学舎大附期待の2年生スラッガー。打球速度、飛距離は非凡
日笠 礼凰(二松学舎大附)

関東一伝統のスピード野球の申し子 都大会ではランニングホームランを記録
柳瀬 冬和(関東一)

関東一で下級生から経験積む実践派右腕
成井 颯(関東一)

新設された注目選手コーナーは日々更新中!各都道府県別ページ内からご覧いただけます。



スマートフォン版


パソコン版