甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2017年に4季連続甲子園出場を果たした秀岳館(熊本)の主な選手たちのその後を紹介する。(学年は当時)

投手 田浦 文丸 (3年) =ソフトバンク
投手 川端 健斗(3年) =立教大ー野球継続
捕手 幸地 竜弥 (3年) =九州共立大-日本製鉄大分
捕手 橋口将崇 (2年) =九州産業大
内野手 木本 凌雅 (3年) =亜細亜大ーエイジェック
内野手 渡辺 瑠維 (2年) =日本経済大
内野手 廣部 就平 (3年) =中部学院大ー王子
内野手 半情 冬馬 (3年) =東海大
外野手 石井 卓弥 (3年) =九州共立大
外野手 竹輪 涼介 (3年) =亜細亜大
外野手 山下 竜哉 (2年) =拓殖大
外野手 阿次富 幹征 (3年) =日本文理大

 当時2枚看板として活躍した田浦、川端はこの年U-18高校日本代表に共に選出された。その後、田浦はドラフト5位でソフトバンクに入団。21年、22年と2年連続で開幕1軍の座をつかんだ。一方、川端は立教大進学後、1年春から登板機会を与えられ2勝を挙げるも、その後は怪我に悩まされ3年以降は登板機会がなかった。

 廣部 就平は、中部学院大に進学後、1年から本塁打王を獲得。その後もレギュラーとして活躍を続け、4年には主将に就任し、チームをまとめた。その後、社会人野球の王子に進み、パンチ力のある打撃は健在だ。

 山下 竜哉は、拓殖大に進学。4年となった今季は副将に就任し、4番を任されている。

 卒業後、多くの選手が大舞台で活躍している。プロ入りの田浦を筆頭に、今後が楽しみな選手ばかりだ。