今センバツでベスト4に入った國學院久我山(東京)では、大型遊撃手の下川邊 隼人内野手(3年)や、抜群のバットコントロールで安打を量産し、守備力も非常に高い齋藤 誠賢外野手(3年)が注目されるが、2人以外のキープレーヤーも紹介したい。

センバツで急成長を証明した國學院久我山の右腕エース
國學院久我山・成田 陸投手(3年)

センバツ4強の原動力となった國學院久我山の138キロ左腕
國學院久我山・松本 慎之介投手(3年)

センス、バットコントロールの高さはチーム屈指 國學院久我山期待の2年生打者
國學院久我山・木津 寿哉内野手(2年)

センバツベスト4の國學院久我山をまとめる主将は小技、堅守がウリの好プレイヤー
國學院久我山・上田 太陽内野手(3年)