愛知トーナメント表
享栄、中京大中京などが属するブロック
至学館、愛工大名電などが属するブロック
ベスト8以上の勝ち上がり

静岡トーナメント表
県大会の勝ち上がり

三重トーナメント表
三重、津商などが属するブロック
いなべ総合、津田学園などが属するブロック
ベスト8以上の勝ち上がり

岐阜トーナメント表
大垣日大、県立岐阜商などが属するブロック
中京、大垣商などが属するブロック
ベスト8以上の勝ち上がり

 5月21日から開幕する春季東海地区大会(愛知)の出場校が決まった。伝統校、強豪校の優勝だけではなく、新鋭校の優勝もあった。

 注目地域・愛知東邦が優勝。149キロ右腕・宮國 凌空投手(2年)、147キロ右腕・三浦 心空投手(3年)を擁する強力投手陣は全国トップクラス。愛工大名電のプロ注目左腕・有馬 伽久投手(3年)も常時140キロ台をたたき出せるまでとなっている。

 その他、伝統校・静岡が2位で出場。日大三島、静岡を下した浜松開誠館は静岡で初優勝を収めた。岐阜は岐阜第一大垣日大が出場。三重津商が優勝。今年は全国各地で商業高校の躍進が光るが、津商もその勢いに乗りつつある。

 果たして東海大会の優勝の座を勝ち取るのはどのチームになるのか。