滋賀トーナメント表
八幡商、立命館守山などが属するブロック
近江、滋賀学園などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

京都トーナメント表
2次戦のトーナメント表

大阪トーナメント表
金光大阪、履正社などが属するAブロック
東海大大阪仰星などが属するBブロック
近大附、桜宮などが属するCブロック
大阪桐蔭、大阪産大附などが属するDブロック

兵庫トーナメント表
東洋大姫路、明石商などが属するブロック
報徳学園、社などが属するブロック
ベスト8以上の勝ち上がり

奈良トーナメント表
高田商、奈良大附などが属するブロック
天理、智辯学園などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

和歌山トーナメント表
市立和歌山などが属するAゾーン
智辯和歌山などが属するBゾーン
和歌山東などが属するCゾーン
県立和歌山商などが属するDゾーン
ベスト8以上の組み合わせ

 21日から行われる春季近畿大会に出場を決めた高校が出揃いつつある。今回は近畿地区の各地域での戦況を追っていく。

【滋賀】(7日)
 決勝が行われ、近江が5対1で立命館守山を破って優勝。近畿大会の切符を手にした。なお3位決定戦では綾羽彦根総合を破っている。

【京都】(7日)
 2次戦の準々決勝2試合が行われ、西城陽福知山成美がベスト4入りした。今センバツで出場辞退した京都国際西城陽に2対3で惜敗した。8日に準々決勝2試合が予定されている。

【大阪】
 4回戦まで終了。夏シード権獲得のベスト16が決まった。5回戦は8日に行われ、いよいよベスト8が決まる。

【兵庫】(7日)
 決勝が行われ、報徳学園東洋大姫路を2対0で下し5年ぶり10度目の優勝を飾った。報徳学園は近畿地区大会に出場権を手にした。3位決定戦では、滝川第二を下した。

【奈良】(7日)
 準々決勝が行われ、御所実天理が4強を決めた。5日の試合に勝利した畝傍奈良大附を含めた計4校が8日の準決勝で戦う。

【和歌山】(7日)
 準決勝2試合が行われ、智辯和歌山県立和歌山商が決勝に進んだ。近畿地区大会の開催県でもあり、出場枠は3校。決勝進出の2校と3位決定戦の勝者が近畿大会へ出場する。決勝と3位決定戦は8日に予定されている。

 すでに滋賀、兵庫は終了。その他、大阪、京都、奈良は優勝チームが近畿大会出場権を得る。和歌山3校目を含めた残り出場4枠をかけ、4府県で熱い戦いが期待される。