強豪大学ではどんな練習が行われているのか。今回は以下の4大学を取り上げた。

・明治大
・國學院大
・立正大
・青山学院大

 この4大学に共通するのはドリル的なメニューが非常に多いことだ。
明治大は内野手の捕球練習を繰り返し行っており、立正大は独自の捕球練習があった。青山学院大は、自主練習の時間が長く設けられ、國學院大は選手同士で話し合う事が多く、密度の濃い練習内容だった。大学野球でもトップとも呼べる4大学の練習は学べるものがたくさんある。

(動画を見る)