中学時代から野球界を沸かせてきた阪神ドラ1・森木 大智投手(高知高出身)が26日、強豪社会人・カナフレックス相手に圧巻の投球を見せた。

 初回から2回1死まで4者連続三振のスタートを切り、4回表、5回表に1安打ずつ打たれたものの、5回を投げて、9奪三振、被安打2、無失点の快投だった。常時150キロ前後で、しかも多彩な変化球をしっかりと操れる高卒ルーキーはなかなかいない。

 今度はNPBの2軍相手に同様の投球ができれば、早い段階での1軍デビューもあり得るのではないか。次の登板に注目したい。

(動画を見る)