2021年の夏の甲子園優勝校・智辯和歌山。現在は春季和歌山県大会を戦っている最中だが、日本一に導いた選手たちは、春から新天地でそれぞれが奮闘している。

 なかでも主将・宮坂 厚希外野手、エース・中西 聖輝投手は揃って東都1部リーグの大学に進んだ。宮坂は3季連続優勝を目指す國學院大へ進学。既にリーグ戦デビューを果たし、大学野球の第一歩を踏み出している。一方の中西は少数精鋭・青山学院大へ進み、ベンチ入りはしているが、登板機会はまだない。リーグ戦中盤以降でデビューなるか。

 2人と同じく関東の大学に進学した伊藤 大稀投手は、首都大学野球連盟に所属する投手王国・日本体育大に進学。春はベンチ入りすることがなかったが、ハイレベルな選手たちにもまれて、さらなる成長を楽しみにしたい。

 決勝戦で途中出場を果たした須川 光大外野手は敬愛大に進学した。関西では、大阪経済大に大西 拓磨内野手が入部。智辯学園との決勝戦では2本のヒットを放つなど優勝に貢献した。

 社会人のNTT西日本に進んだ4番・徳丸 天晴外野手は、16日のJABA岡山大会の三菱自動車倉敷オーシャンズ戦に途中出場。ヒットは記録しなかったが、内野ゴロで打点を挙げることができ、徐々にアピールをしている。

 この他にも、数多くの逸材がいた智辯和歌山の優勝メンバー。これから先それぞれのチームで再び活躍し、注目される存在となることを楽しみにしたい。