都大会のトーナメント表
國學院久我山、帝京などが属するブロック
修徳、関東一などが属するブロック
日大三、東海大菅生などが属するブロック
都立狛江、二松学舎大附などが属するブロック
ベスト16以上の組み合わせ

1次予選のトーナメント表
日大二、都立日野などが属する第1〜6ブロック
世田谷学園などが属する第7〜12ブロック
日本学園などが属する第13〜18ブロック
城西大城西、日大豊山などが属する第19〜24ブロック

関連記事
【選手名鑑】東京都の注目選手
二松学舎大附のブロックに実力校が揃う!春の東京都大会を徹底展望!

 10日、春季東京都大会は4回戦4試合が2会場で行われ、関東一などがベスト8に進出した。

【スリーボンドスタジアム八王子】
日大三vs日大鶴ヶ丘 NEW!
打ち合いで始まった日大対決 リリーフ登板の日大三・安田の力投が勝利を呼び込む

東海大菅生vs堀越 NEW!
秋のリベンジを目指す堀越 意識が硬さになり東海大菅生の猛攻を引き出す

日大三 11-4 日大鶴ヶ丘】(8回コールド)
 スリーボンドスタジアム八王子の第1試合では、日大三日大鶴ヶ丘を下して日大対決を制した。4対4で迎えた4回裏に日大三が勝ち越すと、中盤で追加点を重ねて8回コールド勝ち。富塚 隼介内野手らが二塁打5本を集めるなど、強打で8強入りを決めた。

 3回に1死満塁の場面から登板した安田 虎汰郎投手はこのピンチを1失点でくぐり抜け、その後も気迫のこもったピッチングで流れをチームに引き寄せた。

東海大菅生 12-2 堀越】(6回コールド)
 2試合目は東海大菅生堀越が対戦。昨年秋の大会では2-9でコールド負けを喫し、雪辱を果たしたい堀越だったが初回から守備の乱れから2点を失う。3回には6得点を奪うなど、最後まで主導権を握った東海大菅生が12対2で堀越を下した。敗れた堀越はリベンジの意識が力みを生んだか。

 東海大菅生の2年生日當 直喜投手は6回を投げて2失点、自責点0とエース鈴木 泰成投手(3年)不在の投手陣を支えた。

【駒沢球場】
関東一vs郁文館 NEW!
プロ注目スラッガー・井坪陽生が通算16本塁打 5打点の活躍で冬場からの成長示す

日体大荏原vs修徳 NEW!
修徳にサヨナラ勝ちの日体大荏原 2年生コンビの活躍光る

関東一 11-0 郁文館(5回コールド)】
 駒沢球場の第1試合では、関東一郁文館を5回コールドで下して、準々決勝に勝ち進んだ。関東一は3回に一挙7得点で主導権を握ると、4回には注目スラッガー・井坪 陽生外野手(3年)のホームランなどで4点を追加して、郁文館を打ち破った。

 井坪はこの試合、ホームランを含めて3打数2安打5打点の大暴れだったが、5回にはマウンドにも上がった。最速144キロを計測する直球を軸に、無失点に抑えて試合を締めた。

日体大荏原 5-4 修徳
 第2試合は修徳日体大荏原の一戦となり、日体大荏原が勝利した。5回終わって2対2で迎えた6回、日体大荏原が1点を奪って勝ち越し。追いかける修徳は、9回に1死満塁から4番・佐藤 大空の犠牲フライなどで4対3と勝ち越したが、最終回に日体大荏原が2点を奪い返して5対4のサヨナラ勝ちを飾った。

 サヨナラ打を放った千葉 輝夏内野手は、この試合で4安打2打点と大暴れ。3番打者として主砲につなぐ役割を十分に果たした。

■4月10日の試合

春季東京都高等学校野球大会

春季東京都高等学校野球大会
4回戦 関東一 11  -  0    郁文館 駒沢野球場 応援メッセージ
日体大荏原    5  -  4    修徳 駒沢野球場 応援メッセージ
日大三 11  -  4    日大鶴ヶ丘 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ
東海大菅生 12  -  2    堀越 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ

■4月11日の試合

春季東京都高等学校野球大会

春季東京都高等学校野球大会
4回戦 國學院久我山 10  -  1    都立小山台 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ
帝京 13  -  0    早稲田実業 スリーボンドスタジアム八王子(八王子市民球場) 応援メッセージ
二松学舎大附    5  -  2    都立城東 駒沢野球場 応援メッセージ
東京成徳大高 11  -  6    駒大高 駒沢野球場 応援メッセージ

■大会の詳細・応援メッセージ
春季東京都高等学校野球大会