トーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

<第94回選抜高校野球大会:大阪桐蔭3-1鳴門>◇24日◇1回戦◇甲子園

 昨年秋の明治神宮大会王者の大阪桐蔭が、接戦を制して2回戦進出を決めた。

 3回裏、2死二塁から2番・谷口 勇人外野手(3年)が中前への適時打を放ち先制点を挙げると、その後2死一、二塁から4番・海老根 優大外野手(3年)が右翼への適時二塁打を放ち追加点。鳴門(徳島)の好左腕・冨田 遼弥投手(3年)を攻めて先制点をもぎ取った。

 先発の川原 嗣貴投手(3年)も、140キロ超の力のある直球にカットボールやカーブを織り交ぜる投球で、鳴門打線に的を絞らせない。西谷監督も「全員良い準備していたが、その中でも良い準備ができていた。まだまだ甘いところがあり、叱ることもあるが随所で成長している」と語るように、走者を出しても粘り強く後続を打ち取り、6回まで無失点に抑える好投を見せた。

 7回に1点を返されたが、8回裏には主将の星子 天真内野手(3年)のスクイズで再び点差を2点に広げ、試合はそのまま3対1でゲームセット。2回戦進出を決めた。

 試合後、西谷監督は「長打を打って点を取れたら楽だが、イメージではバントや繋いで点を取りロースコアになると思っていた。一本勝ちではなく寝技で(勝つことができた)。ガンガン打てる投手じゃないし、ガンガン打てる打線でもない。守りをしっかりするのがうちの原点」と語り、選手たちの戦いぶりに手ごたえを口にする。

 これでチームは2回戦進出を決めたが、チームに気の緩みはない。勝ち上がればタイトなスケジュールになる組み合わせだが、「日程的に厳しいというのは勝ち上がったらの話。保証されたものは今日の試合のみで、連戦であることは考えていません。全員で戦いたい」ときっぱり。目の前の一戦一戦を、全力で戦っていくことを強調した。