19日、第94回選抜高等学校野球大会(阪神甲子園球場)が1日遅れで開幕した。開会式には大会初日に登場する6校が行進。残りの学校は事前に撮影した映像がバックスクリーンに映し出される形で、感染防止に努めた簡易的な内容となったなかで、倉敷工の主将・福島 貫太主将(3年)が選手宣誓を行った。選手宣誓の全文は以下の通り。

宣誓

夢と志が人生を作る。

当たり前だった日常が失われて3年が経ちます。

今なお、世界中でパンデミックが起こり、多くの人たちが苦しみや困難に立ち向かっています。

それでも私たちは一歩ずつ歩んできました。

甲子園に立つまでに、たくさんの方々に支えられてもらいました。

今野球ができているのもその人たちのおかげです。

聖地・甲子園という舞台に立てることに感謝します。大好きな野球ができることに感謝します。

そして私の最大の理解者、応援してくれる家族に感謝します。ありがとう。

夢や志を持ち続け、これからの未来に向かって、1日、1分、1秒大切に歩んでいきます。

ファイティングスピリット、フレンドシップ、フェアプレー。甲子園に立つ喜びを胸に最後まで諦めることなく、正々堂々プレーすることを誓います。

令和4年3月19日 選手代表 岡山県立倉敷工業高等学校 硬式野球部主将・福島貫太

トーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

大会特集
第94回センバツ大会概要
第94回センバツ出場校一覧
BIG4特集
第94回センバツ注目選手【投手】
第94回センバツ注目選手【野手】
インタビュー記事一覧
コラム記事一覧
2021年秋の大会 上位進出校一覧
出場校に在籍する日本代表経験者