2022年の第94回選抜高校野球大会(阪神甲子園球場)が、いよいよ18日に開幕する。1924(大正13)年から開催された大会は今年で94回目。過去、選抜されたチームの歴史を全国47都道府県別に振り返ってみる。

 今回は大分。今年のセンバツには一般枠での出場はないが、21世紀枠で大分舞鶴が選出された。昨年秋の県大会では決勝で明豊に敗れ、準優勝で九州大会へ。初戦で引き分け再試合の末、準優勝した大島(鹿児島)に惜敗したが、文武両道を実践しながらの好成績を評価された。

過去、大分でのセンバツの出場回数上位ランキングは以下の通り。

<大分センバツ出場回数上位ランキング>
1位 津久見   6回
1位 大分商   6回
3位 明豊    5回
4位 大分上野丘 3回
5位 日田林工  2回
5位 柳ヶ浦   2回

 大分県勢のセンバツ初出場は、第9回(1932年)大会の大分商。第39回(1967年)大会に初出場した津久見とともに、県内トップの6回出場だが、近年は明豊が出場回数を伸ばしている。

<大分21世紀枠出場校と結果>
2009年 大分上野丘
2022年 大分舞鶴

 大分県勢の21世紀枠での出場は、今年の大分舞鶴で2校目。第81回(2009年)大会では、短い時間ながら工夫した練習で九州大会に出場するなど「文武両道」を評価された大分上野丘が選出された。初戦は箕島(和歌山)と対戦し3対7で敗れている。

 センバツの勝利数上位ランキングは以下の通り。
1位 津久見  8勝(優勝1回、8強1回)
1位 明豊   8勝(準優勝1回、4強1回)
3位 大分商  4勝(8強1回)
4位 日田林工 3勝(4強1回)
5位 柳ヶ浦  1勝
5位 大分   1勝

 大分県勢のセンバツ初勝利は、第12回(1935年)大会の大分商。初戦で海草中(現・向陽=和歌山)に4対3で勝利している。大分県勢の最高成績は優勝で、第39回(1967年)大会に初出場した津久見が見事な初優勝を果たした。

第39回大会=津久見
2回戦:3-2 倉敷工(岡山)
準々決勝:2-0 岐阜商(現・県立岐阜商=岐阜)
準決勝:2-1 報徳学園(兵庫)=延長10回
決勝:2-1 高知(高知)=延長12回

 のちに阪神に入団するエース吉良 修一投手を擁した津久見が初出場初優勝を飾った。のちに西鉄(現西武)で活躍した大田 卓司外野手が、2年生ながら走攻守そろった1番打者として優勝に貢献している。昨年のセンバツでは、明豊がこの津久見以来となる決勝に進んだが、東海大相模(神奈川)の前に惜しくも9回サヨナラ負けした。

 

 大分県勢のセンバツの通算成績は25勝26敗。都道府県別勝利数ランキングは32位。センバツの初戦は、2019年の大分明豊、21年の明豊と、延べ3チーム連続で白星を飾っている。21世紀枠の大分舞鶴が続くことができるか。