トーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

大会特集
第94回センバツ大会概要
第94回センバツ出場校一覧
BIG4特集
第94回センバツ注目選手【投手】
第94回センバツ注目選手【野手】
インタビュー記事一覧
コラム記事一覧
2021年秋の大会 上位進出校一覧
出場校に在籍する日本代表経験者

 2022年第94回選抜高校野球大会(阪神甲子園球場)の組み合わせ抽選が行われ、大会は3月18日に開幕する。

 1924(大正13)年から開催された大会は今年で94回目。過去、選抜されたチームの歴史を全国47都道府県別に振り返ってみる。

 今回は徳島。今年のセンバツには鳴門が9年ぶり9回目の出場を決めた。昨年秋は県大会を制し、四国大会で準優勝して、県勢一般枠としても第86回(2014年)大会以来、8年ぶりのセンバツ出場となった。初戦で大阪桐蔭(大阪)と対戦することが決まった。

 過去、徳島でのセンバツの出場回数上位ランキングは以下の通り。

<徳島センバツ出場回数上位ランキング>
(複数回出場校のみ)
1位 徳島商   19回
2位 鳴門    9回
3位 池田    8回
4位 鳴門工   5回
5位 鳴門第一  4回

 徳島県勢のセンバツ初出場は、第12回(1935年)大会の徳島商で、ここまで県でダントツの19回出場を誇ってきた。しかし21世紀に入ってからは出場が1回で、第75回(2003年)大会以来、センバツから遠ざかっている。

<徳島21世紀枠出場校と結果>
2010年 川島
2011年 城南(2回戦)
2019年 富岡西

 徳島県勢の21世紀枠での出場はこれまで3校。第82回(2010年)大会では部員18人で、グラウンドが内野のダイヤモンドくらいの狭さでも、工夫を凝らした練習で成果を挙げたことが評価された川島が選出された。初戦は大垣日大(岐阜)の前に惜しくも延長10回サヨナラ負けを喫した。

 第83回(2011年)大会には、県内最古の創立、創部の城南が選出され、初戦で兵庫の強豪・報徳学園を8対5で破って堂々の初陣白星。第91回(2019年)大会には野球を通した町づくりを目指している阿南市にある伝統校、富岡西が選出されたが、初戦で東邦(愛知)に敗れている。

 センバツの勝利数上位ランキングは以下の通り。
1位 池田  22勝(優勝2回、準優勝1回、4強2回、8強1回)
2位 徳島商 20勝(優勝1回、4強3回、8強1回)
3位 鳴門  15勝(優勝1回、準優勝1回、4強1回、8強2回)
4位 鳴門工 8勝(準優勝1回、4強1回)
5位 海部  5勝(優勝1回)

 徳島県勢のセンバツ初勝利は、第14回(1937年)大会、初戦となった2回戦で徳島商福岡工(福岡)を2対1で下した。徳島県勢の最高成績は優勝。池田が2回、徳島商鳴門海部がそれぞれ1回ずつマークしている。徳島県勢初優勝は徳島商。第19回(1947年)大会で、中等学校大会最後の春だった。決勝で小倉中(現・小倉)と延長13回の激戦の末、3対1で勝利し、初の優勝を決めた。

第36回大会=海南
1回戦:4-1 秋田工(秋田)
2回戦:1-0 報徳学園(兵庫)
準々決勝:8-0 金沢(石川)
準決勝:1-0 土佐(高知)
決勝:3-2 尾道商(広島)

 第36回(1964年)大会で海南(現・海部)が初出場初優勝を果たした。四国3校目で選出されるとエース尾崎 正司投手の好投もあり快進撃。2回戦で4安打完封、準々決勝では10奪三振の完封、準決勝では無四球3安打完封と、3試合連続完封の快投を演じた。決勝は第1回をのぞく大会初の初出場同士の対決となり、打線が終盤で2点差をはね返す逆転勝利を飾った。エース尾崎はその後、西鉄(現・西武)に入団するが、引退後にプロゴルファーとなり「ジャンボ尾崎」として日本ゴルフ史に残るプレーヤーになっている。 

第55回大会=池田
1回戦:11-0 帝京(東京)
2回戦:10-1 岐阜第一(岐阜)
準々決勝:8-0 大社(島根)
準決勝:2-1 明徳義塾(現・明徳義塾=高知)
決勝:3-0 横浜商(神奈川)

 第46回(1974年)大会に初出場ながら部員11人で準優勝を成し遂げ「さわやかイレブン」と呼ばれた池田が、第55回(1983年)大会では、大変身して前年夏甲子園に続く夏春連覇を成し遂げた。金属バットの登場とともに、今では当たり前になっている「食育」と「ウエートトレーニング」で体をつくり、犠打に頼らない積極的に打って安打を重ねる打線を作り上げた。仕掛け人は故蔦 文也監督。次々と安打が生まれる打線は「やまびこ打線」と呼ばれ、それまでの高校野球の常識を破る新たな時代を作り上げた名将だった。

 

 徳島県勢のセンバツの通算成績は73勝50敗。都道府県別勝利数ランキングは10位。今センバツに出場する鳴門は、ここ出場2大会ともに初戦を突破している。前々回の第84回(2012年)大会の8強を超えることができるか。