第94回選抜大会のトーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

 2022年第94回選抜高校野球大会(阪神甲子園球場)の組み合わせ抽選が行われ、大会は3月18日開幕する。

 1924(大正13)年から開催された大会は今年で94回目。過去、選抜されたチームの歴史を全国47都道府県別に振り返ってみる。

 今回は香川。今回のセンバツ出場はなかった。昨年秋は県で優勝した英明と準優勝の尽誠学園、3位の四学大香川西が四国大会に出場したが、3チームともに4強に進めなかった。

過去、香川でのセンバツの出場回数上位ランキングは以下の通り。

<香川センバツ出場回数上位ランキング>
1位 高松商  27回
2位 丸亀城西 9回
3位 坂出商  7回
3位 尽誠学園 7回
5位 高松   4回

 香川県勢のセンバツ初出場は、第1回(1924年)大会に出場した高松商。以降、27回出場と圧倒的な出場回数を誇る。全国でもセンバツ出場回数ランキング5位に入っている。

<香川21世紀枠出場校と結果>
2005年 高松
2016年 小豆島

 香川県勢の21世紀枠での出場は過去2校。県内屈指の進学校で古豪の高松は、初戦で宇部商(山口)と対戦し2対6で敗れた。生徒数減の影響もあり部員17人ながら、高松商を破って県優勝を果たした成果が評価された小豆島は、初戦で同じく21世紀枠出場の釜石(岩手)に惜しくも1対2で敗れた。なお、2005年には希望枠として三本松が出場したが、東海大相模(神奈川)に初戦で敗れている。

 センバツの勝利数上位ランキングは以下の通り。
1位 高松商   37勝(優勝2回、準優勝3回、4強2回、8強7回)
2位 坂出商   7勝(4強1回、8強1回)
2位 丸亀城西  7勝(4強1回、8強1回)
4位 観音寺総合 5勝(優勝1回)
5位 尽誠学園  4勝(8強2回)

 香川県勢のセンバツ初勝利は、第1回(1924年)大会出場の高松商で、初戦で勝利するとそのまま優勝へと駆け上がった。香川県勢では、高松商の2回、観音寺総合の1回の優勝が最高成績となっている。

第1回大会=高松商
1回戦:7-6 和歌山中(現・桐蔭=和歌山)
準決勝:7-1 愛知一中(現・旭丘=愛知
決勝:2-0 早稲田実業(東京)

 全国から8校が参加して行われた記念すべき第1回大会の優勝は高松商が手にした。松本 善高投手が全3試合を完投。初戦は9回裏に一気に3得点してのサヨナラ勝ち、準決勝は1失点完投、決勝は完封勝利だった。第32回(1960年)大会には、2年生エース松下 利夫投手を擁して決勝まで進むと、のちに阪急に入団する山口 富士雄内野手の大会史上初の決勝戦サヨナラアーチで2回目の優勝を手にしている。

第67回大会=観音寺総合
1回戦:4-2 藤蔭(大分)
2回戦:6-0 東海大相模(神奈川)
準々決勝:6-4 星稜(石川)
準決勝:13-6 関西(岡山)
決勝:4-0 銚子商(千葉)

 初出場の観音寺中央(現・観音寺総合)が、史上15校目の初出場初優勝を飾った。犠打をあまり使わず積極的な強硬策を武器に勝ち上がっての栄冠だった。

 

 香川県勢のセンバツの通算成績は62勝61敗。都道府県別勝利数ランキングは13位。近年、高松商が安定した力をつけていて、夏に甲子園での雪辱を誓う。