強力打線を武器に関東大会で優勝を飾った明秀日立(茨城)は、初戦で大島(鹿児島)と対戦することが決まった。

 金沢監督も太鼓判を押す打線だが、秋季大会の公式戦10試合を戦って14本塁打をマークするなど、数字が破壊力を証明している。

 中心に座る石川 ケニー外野手(3年)は、打者としてのみならず、投手としても高い能力を持っている主力選手。さらに大型右腕で、打っても力強いスイングが光る猪俣 駿太投手(3年)や、チームトップの4本塁打マークの武田 一渓内野手(3年)といった強打者がずらりと並んでいる。

 対戦する大島には、注目の好投手・大野 稼頭央投手(3年)がおり、強力打線の真価を見せるのにふさわしい相手といっていい。出場校随一の破壊力・明秀日立の打線から快音が甲子園で聞こえる瞬間を心待ちにしたい。

(動画を見る)

トーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

大会特集
第94回センバツ大会概要
第94回センバツ出場校一覧
BIG4特集
第94回センバツ注目選手【投手】
第94回センバツ注目選手【野手】
インタビュー記事一覧
コラム記事一覧
2021年秋の大会 上位進出校一覧
出場校に在籍する日本代表経験者