トーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

 楽しみな対決が「開幕戦」から見られそうだ。第94回選抜高校野球大会(3月18日開幕、阪神甲子園球場)の組み合わせ抽選が行われ、注目の「開幕戦」、第1日の第1試合は浦和学院(埼玉)と大分舞鶴(大分)の対戦となった。

 文武両道を掲げ大分2位となり、九州大会で再試合の激戦を演じ21世紀枠として選出された初出場の大分舞鶴が、関東の強豪でセンバツ11回目出場、優勝経験もある浦和学院の胸を借りることになる。

 対決という意味では「左投手VS左打者」が注目となりそうだ。浦和学院エース左腕・宮城 誇南投手(3年)は最速142キロを誇り、昨年夏の甲子園マウンドを経験するなど実績は豊富。速球派の多い投手陣のなかで、背番号1を背負っているプライドもある。浦和学院の左腕エースといえば、2年生時にセンバツ優勝の立役者となった現・ロッテの小島 和哉投手がいる。「伝統の浦学左腕」を引き継ぐ宮城の奮闘に注目される。

 対する大分舞鶴打線は、左打者が中心。昨年秋の九州大会初戦では1番から4番、8番、9番の6人が左打者だった。「左対左」という構図で浦和学院・宮城有利と思われがちだが、必ずしもそうとは言えない理由がある。大分舞鶴は昨年秋の九州大会初戦、降雨引き分け再試合の末に敗れたが、九州大会準優勝で、九州No.1左腕ともいわれる鹿児島大島(大島)の大野 稼頭央投手(3年)と対戦した。最終的には敗れたが、左打者6人の打線が最速146キロ左腕を苦しめた自信は選手らを成長させた。

 特に3番を務めていた都甲 陽希(とごう・はるき)内野手(3年)は、5打数2安打、4打数3安打と、大野相手に2試合で9打数5安打、打率.556をマークしてみせた。「左対左」はまったく気にしていない。昨年秋の公式戦も31打数14安打、打率.452と絶好調。170センチ、65キロと体は大きくないが、花園にも多く出場しているラグビー部からウエートトレーニング方法を学んだりと、パワーアップに取り組んできた。センバツ初戦が大会トップクラスの左腕との対戦となっただけに、この冬の成果を試すにはもってこいの舞台となる。

 全国から逸材が集まる浦和学院だが、昨年秋の背番号1ケタ9人中、九州・沖縄出身が5人。そのなかに大分出身こそいないが、奇しくもセンバツ初戦は九州勢との対決となった。

 浦和学院エース宮城が大分舞鶴の左打線を抑えるのか。大分舞鶴が誇る3番都甲を中心に「宮城撃ち」を果たすのか。今年のセンバツは「左」対決で開幕する。

トーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

大会特集
第94回センバツ大会概要
第94回センバツ出場校一覧
BIG4特集
第94回センバツ注目選手【投手】
第94回センバツ注目選手【野手】
インタビュー記事一覧
コラム記事一覧
2021年秋の大会 上位進出校一覧
出場校に在籍する日本代表経験者