2022年第94回選抜高校野球大会(3月18日開幕、阪神甲子園球場)に出場する32校が決定し、3月4日に組み合わせ抽選が行われる。

 1924(大正13)年から開催された大会は今年で94回目。過去、選抜されたチームの歴史を全国47都道府県別に振り返ってみる。

 今回は岡山。今年のセンバツには倉敷工が13年ぶり11回目の出場を果たす。昨年秋の県大会で優勝すると、中国大会で2勝してベスト4入り。攻撃力と地域性が考慮され中国・四国枠の5校目として選出された。

過去、岡山でのセンバツの出場回数上位ランキングは以下の通り。

<岡山センバツ出場回数上位ランキング>
1位 関西     12回
2位 倉敷工    11回
3位 岡山東商   8回
4位 岡山南    5回
4位 岡山理大附  5回

 岡山県勢のセンバツ初出場は、第21回(1949年)大会の関西。以降、県内最多の12回だが、今回センバツに出場する倉敷工がトップに1差となる11回目となる。これまで21世紀枠で出場した高校はない。

 センバツの勝利数上位ランキングは以下の通り。
1位 倉敷工   11勝(4強2回、8強2回)
1位 関西    11勝(4強2回、8強1回)
3位 岡山南   8勝(4強2回)
4位 岡山東商  6勝(優勝1回)
5位 岡山城東  4勝(4強1回)

 岡山県勢のセンバツ初勝利は、第29回(1957年)大会に初出場した倉敷工。1回戦で市立沼津を2対1で下した。岡山県勢としてセンバツ初出場を果たした関西のセンバツ初勝利は第65回(1993年)大会。この2チームが県内の勝利数の2トップを形成している。

 岡山東商が3回目の出場となった第37回(1965年)大会で、岡山県勢唯一の優勝を手にしている。

第37回大会=岡山東商
1回戦:7-0 コザ(沖縄)
2回戦:1-0 明治(東京)
準々決勝:3-0 静岡(静岡)
準決勝:1-0 徳島商(徳島)
決勝:2-1 市立和歌山商(現・市立和歌山=和歌山)=延長13回

 岡山東商のエースは、のちに大洋(現DeNA)で「カミソリシュート」を武器にエースとなる平松 政次投手だった。初戦から準決勝まで4試合連続完封。決勝では4回に1点を失ったが、39イニング連続無失点の快投だった。決勝はこの1失点に抑えて延長戦の末にサヨナラ勝ち。平松の快投なくては達成できなかった優勝だった。

 岡山県勢のセンバツの通算成績は45勝54敗。都道府県別勝利数ランキングは19位。今回、倉敷工は13年ぶりの出場となるが、前回出場した第81回(2009年)大会では初戦突破をしている。今回を初戦突破すれば、現在、県トップで並んでいる勝利数で関西を抜いて単独トップの12勝目となる。