2022年第94回選抜高校野球大会(阪神甲子園球場)に出場する32校が決定した。今年の高校野球界がこのセンバツからスタートすることになる。

 1924(大正13)年から開催された大会は今年で94回目。過去、選抜されたチームの歴史を全国47都道府県別に振り返ってみる。

 今回は福井。今センバツは敦賀気比が2年連続9回目の出場を決め、21世紀枠で丹生が春夏通じて初出場を決めた。敦賀気比は昨年秋の県大会では3位ながら北信越大会では見事に優勝を果たし、底力の強さを見せつけた。丹生は昨年秋に県4強入りを果たしたが3位決定戦で敦賀気比に敗れていた。

過去、福井でのセンバツの出場回数上位ランキングは以下の通り。

<福井センバツ出場回数上位ランキング>
1位 福井商    17回
2位 敦賀気比   9回
3位 福井工大福井 5回
4位 敦賀     4回
5位 若狭     3回

 福井県勢のセンバツ初出場は、第7回(1930年)大会の敦賀商(現・敦賀)。福井商が17回出場でトップだが、初出場は第43回(1971年)大会。近年では敦賀気比が強さを発揮している。

 福井県勢の21世紀枠出場は、今回選出された丹生が初選出となる。地元出身が多く、李域との密着が評価された。「越前のドクターK」と呼ばれた現広島の玉村 昇悟投手を擁した19年夏は惜しくも県準優勝だった。

 センバツの勝利数上位ランキングは以下の通り。
1位 福井商    14勝(準優勝1回、4強1回、8強1回)
2位 敦賀気比   13勝(優勝1回、4強1回、8強1回)
3位 福井工大福井 3勝(8強1回)
4位 若狭     2勝(8強1回)

 福井県勢のセンバツ初勝利は、第27回(1955年)大会の若狭がマーク。初戦で高松商(香川)を5対3で下した。

 福井県勢の最高成績は第87回(2015年)大会、敦賀気比の優勝。エース平沼 翔太投手(現西武)を擁して、福井県勢としてはもちろん、北陸勢としても春夏通じて初となる甲子園優勝を果たした。

第87回(2015年)大会=敦賀気比
1回戦:3-0 奈良大附(奈良)
2回戦:2-1 仙台育英(宮城)
準々決勝:4-3 静岡(静岡)
準決勝:11-0 大阪桐蔭(大阪)
決勝:3-1 東海大四(現・東海大札幌=北海道)

 平沼が初戦1安打完封、2回戦で1失点完投。準々決勝で9回サヨナラ勝ちすると、準決勝の大阪桐蔭戦で、背番号17の松本 哲幣外野手が、大会史上初となる2打席連続満塁本塁打を含む4打数3安打8打点の大活躍。決勝も松本が2試合連続となる決勝2ランで優勝まで突き進んだ。

 福井県勢のセンバツの通算成績は36勝40敗。都道府県別勝利数ランキングは群馬と並んで23位タイ。今回出場する敦賀気比が2勝すれば、福井商を抜いて県勢トップの勝利数となる。