2022年第94回選抜高校野球大会(阪神甲子園球場)に出場する32校が決定した。今年の高校野球界がこのセンバツからスタートすることになる。

 1924(大正13)年から開催された大会は今年で94回目。過去、選抜されたチームの歴史を全国47都道府県別に振り返ってみる。

 今回は三重。今センバツの出場はなし。昨年の秋県大会で優勝の三重、準優勝の津商、3位の津田学園が東海大会に臨んだが、三重津田学園は初戦敗退、津商も4強に進むことができなかった。

過去、三重でのセンバツの出場回数上位ランキングは以下の通り。

<三重センバツ出場回数上位ランキング>
1位 三重   13回
2位 明野   3回
2位 四日市工 3回
2位 津田学園 3回
5位 桑名西  2回
5位 海星   2回
5位 松阪商  2回

 三重県勢のセンバツ初出場は、第19回(1947年)大会の富田中(現・四日市)。県内出場回数トップの三重は、初出場が第38回(1966年)大会でダントツの13回を誇っている。三重県勢の21世紀枠での出場はこれまで1回もない。

 センバツの勝利数上位ランキングは以下の通り。
1位 三重   16勝(優勝1回、4強1回、8強3回)
2位 桑名西  3勝(4強1回)
3位 海星   2勝(8強1回)
3位 明野   2勝

 三重県勢のセンバツ初勝利は、第32回(1960年)大会の松阪商柳川商(現・柳川=福岡)に5対0で完封勝ちしている。三重県勢の最高成績は優勝で、第41回(1969年)大会で三重がマークした。

第41回大会=三重
1回戦:3-1 向陽(和歌山)
2回戦:6-2 平安(現・龍谷大平安=京都)
準々決勝:4-3 尼崎西(兵庫)
準決勝:2-0 浪商(現・大体大浪商=大阪)
決勝:12-0 堀越(東京)

 

 開会式直後の「開幕戦」で向陽に勝利すると、そのまま優勝まで駆け上がった。エース上西 博昭投手を中心に守り抜く野球で決勝に駒を進めると、決勝では大勝。12点差は、当時のセンバツ決勝最多得点差記録だった。優勝投手となった上西はドラフトで阪神から4位指名も拒否して大学進学。その後、プロゴルファーに転身した。

 第66回(1994年)大会は桑名西が初出場で4強まで進出。164センチのエース伊藤 龍太投手が星稜(石川)山梨学院(現・山梨学院=山梨)小倉東(福岡)を抑えての快進撃だった。

 三重県勢のセンバツの通算成績は27勝33敗。都道府県別勝利数ランキングは長崎と並んで30位タイ。第90回(2018年)大会は三重が4強に進んだが、翌年の津田学園は初戦敗退。ここ3年間は出場校もない。