2022年第94回選抜高校野球大会(阪神甲子園球場)に出場する32校が決定した。今年の高校野球界がこのセンバツからスタートすることになる。

 1924(大正13)年から開催された大会は今年で94回目。過去、選抜されたチームの歴史を全国47都道府県別に振り返ってみる。

 今回は東京。今年のセンバツには昨年秋の東京を制した國學院久我山と、関東5校目との勝負に「勝利」した二松学舎大附(東京準優勝)の2校が選出された。東京から2校選出は5年ぶりのことだった。

過去、東京のセンバツの出場回数上位ランキングは以下の通り。

<東京センバツ出場回数上位ランキング>
1位 早稲田実業 21回
2位 日大三   20回
3位 帝京    14回
4位 国士舘   10回
5位 桜美林   6回
5位 関東一   6回
5位 二松学舎大附 6回

 東京勢のセンバツ初出場は、「選抜中等学校野球大会」としてスタートした第1回(1924年)大会の早稲田実業。第1回大会は早稲田実業のほか、横浜商、愛知一中(現・旭丘)、市岡中(現・市岡)、立命館中(現・立命館)、和歌山中(現・桐蔭)、高松商松山商の参加8校で行われた。以後、21回の出場を重ねてきた。第15回(1938年)大会に初出場した日大三が20回と僅差の2位。そのあと、帝京国士舘と続いている。

<東京21世紀枠出場校と結果>
2014年 都立小山台

 東京勢の21世紀枠での出場は第86回(2014年)大会の都立小山台のみ。初戦で履正社(大阪)と対戦して0対11と大差で敗れた。9回1死まで無安打だったが、8番打者への代打・竹下 直輝が三塁へ内野安打。結局、この1安打だけで終わった。

 センバツの勝利数上位ランキングは以下の通り。
1位 日大三   27勝(優勝1回、準優勝3回、4強1回、8強1回)
2位 早稲田実業 23勝(優勝1回、準優勝1回、4強1回、8強7回)
3位 帝京    21勝(優勝1回、準優勝2回、4強1回、8強2回)
4位 国士舘   9勝(4強2回、8強1回)
5位 関東一   8勝(準優勝1回、4強1回)
5位 堀越    8勝(準優勝1回、4強1回)

 東京勢のセンバツ初勝利は、第1回出場の早稲田実業。初戦で松山商(愛媛)を3対2で下し準優勝まで勝ち上がった。東京勢の最高成績は5校の優勝。

第29回(1957年)早稲田実業
第43回(1971年)日大三
第44回(1972年)日大桜丘
第56回(1984年)岩倉
第64回(1992年)帝京

 

 東京勢初優勝は、のちに世界の本塁打王となる王 貞治(現・ソフトバンク球団会長兼特別チームアドバイザー)投手を擁した早稲田実業が達成。まめがつぶれて「血染めの球」となりながら胴上げ投手となった。日大三の初優勝は、エース渡部 良克投手が準々決勝から3戦連続の完封勝利の末に手にした歓喜だった。

 第44回大会は史上初となった「東京対決」の決勝の末、日大三を破った日大桜丘がセンバツ初出場初優勝を飾った。

 

第44回大会=日大桜丘
2回戦:6-0 松江商(愛媛)
準々決勝:3-1 高知商(高知)
準決勝:3-2 東北(宮城)
決勝:5-0 日大三(東京)

 193センチのエースで「ジャンボ」の異名を持つ仲根 正広投手が「兄弟対決」にもなった日大三との決勝で見事な完封勝利。チームにセンバツ初頂点をもたらした。のちにドラフト1位指名で近鉄に入団した。

第56回大会=岩倉
1回戦:4-2 近大福山(広島)
2回戦:6-4 金足農(秋田)
準々決勝:4-3 取手二(茨城)
準決勝:2-1 大船渡(岩手)
決勝:1-0 PL学園(大阪)

 岩倉も初出場初優勝だった。エース山口 重幸投手が、桑田 真澄投手、清原 和博内野手を擁して夏春連覇を狙ったPL学園を決勝で1安打完封勝利。「KKコンビ」を無安打に抑えての堂々の優勝だった。山口はのちにドラフト6位で阪神に入団した。帝京はエース三澤 興一投手を擁しての初優勝だった。

 

 東京勢のセンバツの通算成績は127勝121敗。都道府県別勝利数ランキングでは4位。今年のセンバツには、第89回(2017年)大会で早稲田実業日大三が出場して以来となる東京から2校が出場する。二松学舎大附國學院久我山という「初コンビ」で第64回(1992年)大会の帝京以来となる東京勢優勝を狙う。