写真はイメージ

 2022年第94回選抜高校野球大会(阪神甲子園球場)に出場する32校が決定した。今年の高校野球界がこのセンバツからスタートすることになる。

 1924(大正13)年から開催された大会は今年で94回目。過去、選抜されたチームの歴史を全国47都道府県別に振り返ってみる。

 今回は群馬。今回のセンバツ選考はなかった。昨年秋の群馬大会を優勝した桐生第一と準優勝の健大高崎が関東大会に出場したが、ともに8強に終わり、センバツ確実となる4強に一歩及ばなかった。

 過去、群馬でのセンバツの出場回数上位ランキングは以下の通り。

<群馬センバツ出場回数上位ランキング>
1位 桐生   12回
2位 桐生第一 6回
3位 健大高崎 5回
4位 前橋工  4回
5位 東農大二 3回
5位 前橋商  3回
5位 高崎商  3回

 群馬県勢のセンバツ初出場は戦前の第10回(1933年)大会出場の桐生中(現・桐生)。戦後再開1年目までの6回出場は群馬県唯一の出場だったが、第50回(1978年)大会に出場して以降、出場から遠ざかっている。近年は桐生第一健大高崎らが出場を増やしている。

 群馬県勢の21世紀枠での出場はなし。過去、地区推薦校として高崎富岡藤岡中央が選ばれたがセンバツ出場にはいたっていない。

 センバツの勝利数上位ランキングは以下の通り。
1位 桐生   16勝(準優勝2回、4強2回、8強2回)
2位 健大高崎 8勝(4強1回、8強2回)
3位 桐生第一 4勝(8強2回)
4位 前橋工  3勝(8強1回)
5位 東農大二 2勝(8強1回)

 群馬県勢のセンバツ初勝利は、第13回(1936年)大会の桐生中で1回戦で熊本工(熊本)に9対7で勝利した。当時の熊本工には故川上 哲治氏が所属。2番手として登板している。桐生はその年に決勝戦まで勝ち上がり、2度目の出場で初勝利から準優勝を果たした。第27回(1955年)大会とともに群馬県最高成績の準優勝2度を誇っている。

第13回大会=桐生中
1回戦:9-7 熊本工(熊本)
2回戦:2-1 小倉工(福岡)
準々決勝:1-0 東邦商(現・東邦=愛知)
準決勝:5-4 育英商(現・育英=兵庫)
決勝:1-2 愛知商(愛知)

第27回大会=桐生中
2回戦:1-0 天理(奈良)
準々決勝:12-0 明星(大阪)
準決勝:6-3 高田(奈良)
決勝:3-4 浪華商(現・大体大浪商=大阪)

 第27回(1955年)大会では、桐生中がエース今泉 喜一郎投手を擁して2度目の準優勝に輝いた。右の下手投げだった今泉は準々決勝の明星(大阪)戦でノーヒットノーランを達成。のちに大洋(現・DeNA)に入団した。

 第50回(1978年)大会には、前橋のエース松本 稔投手が、大会初の完全試合をマークした。速球派ではなく制球力を武器にするタイプで、スライダーなどの変化球もさえて、5奪三振、投球数78球で、1人の走者も出さなかった。松本投手は筑波大を経て教員となり、母校の前橋の監督に1992年に就任。第74回(2002年)に監督としてセンバツに戻ってきている。昨年3月に定年退職した。ちなみにセンバツでは過去2度完全試合達成はあるが、夏甲子園では完全試合は達成されていない。

 群馬県勢のセンバツの通算成績は36勝44敗。都道府県別勝利数ランキングは福井と並んで23位タイ。2017年に出場した前橋育英健大高崎がともに初戦突破。2021年出場の健大高崎も初戦突破するなど、ここ出場延べ3チームはすべて初戦をものにしている。