昨夏、西東京大会ベスト8入りした実力校・駒大高。準々決勝で甲子園に出場した東海大菅生に敗れたものの、1対5と十分に健闘した。

 駒大高は世田谷区に学校はあるが、野球部のグラウンドは神奈川県厚木市にあり、選手たちは授業の後に移動する。そのため練習時間は決して長くなく、限られた中で練習を行っている。質の高い練習を行うにはどうすればいいか。ナインは工夫しながら熱心に練習に取り組んでいる。

 高校野球ドットコムでは駒大高の熱く、質の高い練習を徹底特集。そして上位進出を狙うキーマンについても紹介をしている。

(動画を見る)