目次
第94回センバツ出場32校一覧
第94回センバツ出場校候補一覧
第94回センバツ注目選手一覧

 3月18日開幕の第94回選抜高校野球大会(阪神甲子園球場)に出場する32校が28日の選考委員会で決定した。

 東海地区で、昨年秋の東海大会優勝の日大三島(静岡)に次いで選出されたのは、同大会4強の大垣日大(岐阜)だった。準優勝だった聖隷クリストファー(静岡)が落選し、春夏通じて初の甲子園出場はならなかった。例年なら決勝に進出した2チームが順当に選ばれることが多いが、今年はサプライズ選出となった。

 選考理由として選考委員会は「投打に勝る大垣日大を推薦した」と説明した。

 聖隷クリストファーについては「頭とハートを使う高校生らしい野球で、2回戦、準決勝で9回に逆転勝ちする見事な戦いを演じた。立派な戦いぶりでした。粘り強さがある」と評価をしたが、大垣日大については「個々の力量に勝る」と説明。

 大垣日大エース五島 幹士 投手(2年)が130キロ台前半ではあるが伸びのある直球と、スライダーが武器。外野手でもある山田 渓太(1年)は投げっぷりがよくマウンド度胸がある。内野手でもある三松 将也(2年)は、経験は少ないが今後の可能性を秘めた大型左腕と、投手陣3人の層が厚いことを強調した。

 さらに、攻撃陣では、4番に座る西脇 昂暉捕手(2年)が前評判の高かった静岡吉田 優飛投手(2年)から本塁打を放つなど好投手を打ち崩したことを取り上げた。愛知県優勝の享栄との準々決勝では「レベルが高く見ごたえがあった」と説明。投手陣が安定して、守りからリズムをつくる総合力が高かったと、4強ながら選出した大垣日大の実力を高く評価する言葉が続いた。

 「高校生らしい野球」の聖隷クリストファー。粘り強さを身上として東海の激戦を勝ち抜いてきたが、「個々に勝る」実績のある大垣日大が逆転した。タレント力が評価された岐阜2位チームのセンバツの戦いぶりが注目される。


地区学校名出場回数勝ち上がり選手名鑑
北海道クラーク記念国際初出場トーナメント表選手名鑑
岩手花巻東4年ぶり4回目トーナメント表選手名鑑
福島聖光学院4年ぶり6回目トーナメント表選手名鑑
茨城明秀日立4年ぶり2回目トーナメント表選手名鑑
山梨山梨学院2年ぶり5回目トーナメント表選手名鑑
埼玉浦和学院7年ぶり11回目トーナメント表選手名鑑
千葉木更津総合6年ぶり4回目トーナメント表選手名鑑
東京國學院久我山11年ぶり4回目トーナメント表選手名鑑
東京二松学舎大附7年ぶり6回目トーナメント表選手名鑑
静岡日大三島38年ぶり2回目トーナメント表選手名鑑
岐阜大垣日大11年ぶり4回目トーナメント表選手名鑑
福井敦賀気比2年連続9回目トーナメント表選手名鑑
石川星稜2年ぶり15回目トーナメント表選手名鑑
大阪大阪桐蔭3年連続13回目トーナメント表選手名鑑
和歌山和歌山東初出場トーナメント表選手名鑑
奈良天理3年連続26回目トーナメント表選手名鑑
大阪金光大阪13年ぶり3回目トーナメント表選手名鑑
京都京都国際2年連続2回目トーナメント表選手名鑑
和歌山市立和歌山2年連続8回目トーナメント表選手名鑑
兵庫東洋大姫路14年ぶり8回目トーナメント表選手名鑑
広島広陵3年ぶり25回目トーナメント表選手名鑑
広島広島商20年ぶり22回目トーナメント表選手名鑑
高知高知4年ぶり19回目トーナメント表選手名鑑
徳島鳴門9年ぶり9回目トーナメント表選手名鑑
岡山倉敷工13年ぶり11回目トーナメント表選手名鑑
福岡九州国際大付11年ぶり3回目トーナメント表選手名鑑
鹿児島大島8年ぶり2回目トーナメント表選手名鑑
佐賀有田工初出場トーナメント表選手名鑑
長崎長崎日大23年ぶり3回目トーナメント表選手名鑑
福島只見初出場トーナメント表選手名鑑
福井丹生初出場トーナメント表選手名鑑
大分大分舞鶴初出場トーナメント表選手名鑑