28日、第94回選抜高等学校野球大会(以下、センバツ)の出場全32校の顔ぶれが出揃った。関東大会でベスト4に進出した浦和学院(埼玉)にも吉報が届いた。

 昨年秋に森大新監督が就任して新体制で迎えた秋季大会だったが、埼玉県大会を見事優勝。関東大会でも埼玉1位の実力をいかんなく発揮した。
 旧チームよりエースとして活躍してきた左腕・宮城 誇南投手(2年)は、最速142キロの真っすぐを中心にしながら、スライダーやチェンジアップ系のボールを交ぜて打者を抑える。浦和学院といえば、同じ左腕でエースだった小島 和哉投手(現ロッテ)が2年生の時に全国制覇を成し遂げた。偉大な先輩が歩んだ道のりを宮城も歩むことができるか。

 さらに宮城との2枚看板のような形で、投打の二刀流を任される金田 優太内野手(2年)も見逃せない。
 中学時代は軟式のU-15に選抜された逸材で、181センチのすらりとした体格から軽やかな身のこなしで打球を捌く。マウンドに上がれば、鋭い腰の回転にあわせて右腕を振りぬき、最速143キロをマークする速球派右腕として活躍する。近年は大型遊撃手の注目度が高まっていることを考えれば、センバツでは注目選手の1人として数えられる逸材といっていい。

 投手陣は他にも硬式のU-15に選ばれた西田 稀士郎投手(2年)や、夏の甲子園でも登板した芳野 大輝投手(2年)の左腕コンビもおり、充実の選手層になっている。

 彼らをまとめる高山 維月捕手(2年)は中学までは投手だったが、出場機会を求めて肩の強さを生かせる捕手へコンバートを志願。もともと兼ね備えていた打力の高さも発揮して、正捕手の座を射止めた。すでに高校通算10本塁打以上を記録しており、強肩強打の捕手としてセンバツでアピールしたいところだ。

 この他には、八谷 晟歩内野手(2年)が、西田とともに硬式U-15を経験した。秋季関東大会では主に7番だった伊丹 一博外野手(2年)は打率.333、OPS.844の好成績を残した。9番ながら小林 聖周外野手(1年)は、打率.400を記録している。

 森大監督になって初となる全国の舞台。旧チームからの経験者が多く残り、投打で戦力は整っている。上位進出も期待される浦和学院は優勝という形で、チームに新たな歴史を刻むことができるのか。