28日、第94回選抜高校野球大会(3月18日開幕、阪神甲子園球場)に出場する全32校の顔ぶれが決定する。秋季大会の結果などを考慮した上で、全国各地からチームが選出される。そのなかでも毎年注目を集めるのが、21世紀枠の3校だ。

 2022年の北信越地区の21世紀枠推薦校になったのは福井県・丹生
 北信越大会にはあと一歩及ばず、甲子園出場はこれまで一度もない。今回21世紀枠に選ばれることになれば、春夏通じて甲子園初出場になる。

 ここまでチームをけん引してきたのは1年生ながら主力投手を任されている井上 颯太投手。最速140キロ、常時130キロ中盤の速球派左腕をはじめとした選手たちの奮闘で、秋季福井県大会でベスト4の成績を収めた。

 井上たちナインに大きな影響を及ぼしたのは、現在広島で奮闘する同校OB・玉村 昇悟投手の存在だ。
 玉村が3年生の夏、福井大会準優勝を果たしたとき、現在の選手たちは当時中学生。玉村たちの戦いぶりを見てきた世代で、実際に「明確に甲子園を目指して入学してきた選手が多い」と指揮官の春木 竜一監督も話すほど、玉村たちの背中を追いかけて、日々高い志をもって練習に励んでいる。

 丹生がある福井県丹生郡越前町は人口が少なく、野球人口の減少も薄々感じてきているという。しかし玉村がプロの世界に入ったことで、そんな現実も変わりつつあるそうだ。偉大な先輩が作った勢いを、センバツ出場という形で加速させられれば、現状を変えるきっかけとして、これ以上のことはない。

 学校としてだけではなく、地域としても大きな意味を持つセンバツ出場校の発表は、午後3時に行われる予定だ。

<県大会>
3位決定戦:敦賀気比 3対8
準決勝:福井工大福井 0対14
準々決勝:金津 2対1
2回戦:鯖江 5対3
1回戦:高志 18対7