28日、第94回選抜高校野球大会(3月18日開幕、阪神甲子園球場)に出場する全32校の顔ぶれが決定する。秋季大会の結果などを考慮した上で、全国各地からチームが選出される。そのなかでも毎年注目を集めるのが、21世紀枠の3校だ。

 2022年の北海道地区は札幌国際情報

 昨年、2021年の秋季全道大会でベスト4に進出。準決勝までの3試合はすべてコールド勝ちと高い攻撃力を見せて4強までたどり着いた。ムードメーカー役・1番打者の高根 稜真内野手(2年)の活躍が大きい。

 4試合を戦って10打数7安打、打率.700という驚異的な数字をたたき出した。加えて四球も4つ選び、出塁率.812とリードオフマンとして、十分な活躍ぶりを見せていた。

 また4番・関 桃陸外野手(2年)も打率.583と好成績。エース・三浦 隼太郎投手(2年)は9番ながら全道大会は通算打率.625と、上位に繋げる働きを見せた。

 力あるバッター陣が揃った札幌国際情報。指揮官の有倉 雅史監督は、日本ハム、ダイエー(現ソフトバンク)、阪神でプレーした元プロ野球選手。就任して10年以上の月日が過ぎたが、初の甲子園にあと少しのところまで上がってきた。

 元プロ監督が鍛え上げた強力打線を擁する札幌国際情報に春の便りが届くのか。その行方を楽しみにしたい。

<全道大会>
準決勝:旭川実 3対4
準々決勝:士別翔雲 18対0
2回戦:釧路江南 15対3
1回戦:遠軽 13対1