28日、第94回選抜高校野球大会(3月18日開幕、阪神甲子園球場)に出場する全32校の顔ぶれが決定する。秋季大会の結果などを考慮した上で、全国各地からチームが選出される。そのなかでも毎年注目を集めるのが、21世紀枠の3校だ。

 2022年の東北地区の21世紀枠推薦校へ選出されたのは福島県・只見
 昨年、秋季福島県大会は粘り強い試合運びでベスト8という結果を残した。チームとして初となる8強入りだが、大車輪となる活躍をみせたのは、酒井 悠来(2年)と室井 莉空(2年)の2人の投手だ。

 酒井は県大会全試合で先発起用された。その酒井からバトンを受け継いで室井はリリーフで登板。2人を中心とした継投策で県大会を勝ち抜き、ベスト8まで勝ち進んだ。

 特に室井に関しては打者としても活躍しており、3回戦の相馬東戦と4回戦の会津学鳳戦では長打も記録している。投打で高い能力を持つ逸材としてチームをけん引するキーマンだ。

 学校は福島県南会津郡只見町に校舎を構え、豪雪地帯に学校がある。校舎から車で5分の所にはスキー場もあるほどで、2022年もすでに気象庁の観測で積雪量は150センチを超えている。

 雪国から甲子園へ。28日は歓喜の瞬間がやってくるのか。