2017年夏の東東京大会で準優勝に輝くなど、甲子園出場実績はないが、激戦区の1つ・東東京で勢力を拡大している東海大高輪台

 当時、最速147キロを計測するプロ注目右腕・宮路 悠良投手(現・ミキハウス)を擁し、ライバルたちから勝利を重ねてきたが、その弟を中心に強力投手陣を形成している。

 弟の宮路 空夢投手(2年)は、現在最速142キロを計測。遠投100メートルを計測する強肩のみならず、186センチ、85キロと恵まれた体格を存分に駆使して速球を投げ込む。

 バッティングでも光るものがあり、高いポテンシャルを秘めた逸材といっていい。

 その宮路と並び、最速142キロを計測する速球派右腕が粕谷 祐天投手(2年)。177センチ、71キロとすらりとしたシルエットだが、遠投110メートルを記録する地肩を生かして快速球を投げ込む。また力強いリリースでスピンを利かせ、伸びのある真っすぐを軸に力で押していける投手だ。

 この2人と一線を画すように、投球術で相手を抑えるのが石川 大耀投手(2年)だ。
 ヤクルトジュニアを経験した石川は、最速133キロと2人よりスピードでは劣るが、下半身をうまく使ったフォームから緩急をつけつつも、高い制球力を武器としたピッチングで打たせて取る。そこは石川だけの魅力となっている。

 秋は予選で敗れており、春もブロック予選からと大会を目指す東海大高輪台。宮路、粕谷、石川の右投手トリオの活躍で、春の東京に旋風を巻き起こせるか注目だ。

 そんな3投手のプレーシーンがおさめられた映像は、高校野球ドットコムの公式YouTubeチャンネルで配信している。

(動画を見る)