2021年はセ・リーグ最下位に沈んだDeNA。上位進出へ、スローガンは「横浜反撃」。三浦大輔監督の思いの強さがひしひしと伝わってくる。

 先日キャンプのメンバーが発表され、注目のドラフト1位・小園 健太投手(市立和歌山)が1軍キャンプスタートすることになった。

 三浦監督が現役時代につけていた背番号18を背負い、大きな期待を寄せられている上に、キャンプも1軍でスタート。本格的に「次期エース」として育成していく方針が見て取れる。

 精度の高い変化球をはじめ、巧みな投球術を持つなど、高校生離れしていた小園。あとはストレートの質を高めていけば、十分1軍で勝負できるだろう。チームの主力投手たちに囲まれた環境でしっかりと技術を吸収し、幸先良いスタートを切ってほしい。

(動画を見る)