東都2部の立正大といえば、2018年の明治神宮大会でも優勝した名門大学だ。今年も全国から楽しみな選手が多く入ってきた。今回はそんな新入生を紹介したい。

 秋本 璃空投手(常総学院)は、最速145キロの直球とキレのあるスライダーで翻弄する右投手。完成度の高さは素晴らしく、持ち味を発揮すれば、立正大でも大きな戦力になることは間違いない。

 樫村 佳歩投手(水城)も167センチの小柄ながら、最速150キロの速球と、多彩な変化球を武器とする投球が持ち味。

 林 燦投手(広陵)は、北海道出身の速球投手で最速は140キロを超える。素質は入学した投手でもトップクラスで大学4年間でどんな成長を見せるか楽しみだ。岡村 海琉投手(日大三)も左腕から130キロ前半の速球と切れのある変化球を投じる左腕だ。

 石見 陸捕手(関東一)は日本大に進学する市川 祐投手とバッテリーを組んでいた強打の捕手だ。田近 介人捕手(大阪桐蔭)も、確実性が高いスローイングが光る。

 高田 英治捕手(龍谷大平安)は、2年秋に4番を務めるなど強打を誇る。ツボにハマればスタンドインできるパワーがある。

 伊藤 琢磨内野手(常総学院)は、昨年、主に2番打者を務め、小柄ながら、パンチ力のある打撃が持ち味の左打者。守備力も高く、期待のプレイヤーだ。

 熊谷 大生内野手(松商学園)は、下級生の時から注目された長野県屈指の遊撃手。甲子園でも活躍を見せたプレイヤーだ。武藤 闘夢内野手(帝京)は下級生からレギュラーとして活躍し、勝負強い打撃を見せてきた。2年夏には東東京の独自大会で優勝を経験した。新チームでは主将となった。軽快なグラブ捌き、俊敏な動きは一級品。東都のファンを沸かせる選手となりそうだ。

 石井 詠己内野手(専大松戸)は、主将としてチームを牽引し、2季連続で甲子園に出場。巧打で、さらに守備範囲も広く、攻撃の突破口を切り開く実戦力が高い選手だ。

 内囿 光人内野手(桐光学園)は、安定したグラブさばきとフットワークが軽快な遊撃守備、ミート力が高い守備が魅力的な逸材。安田 大輝内野手(履正社)も、バットコントロール能力が高く、合格した内野手の総合力はトップクラスだ。井坪 朝陽外野手(日大三)も身体能力抜群の大型外野手。鋭いスイングで逆方向に長打が打てるのが魅力。

 佐々木 海斗外野手(聖望学園)は、中学時代、シニア日本代表に選ばれた実績があり、183センチ、80キロと恵まれた体格から、高校通算16本塁打をマークした大型のスラッガーだ。

 東都1部復帰を狙う立正大にとっては頼もしい新入生たち。果たしてどんな成長を見せるか楽しみにしていきたい。

(記事:河嶋 宗一