北海道学生野球連盟の強豪・函館大の新入生が発表された。

 倉谷 快誓外野手(横浜創学館)は、昨夏神奈川大会でチームを準優勝に導いた右の巧打者で「1番センター」として活躍した。

 湊 優成投手(秋田中央)は、右下手投げから幻惑する投球が持ち味の技巧派で、昨夏の秋田大会でも完封勝利を挙げている。伊藤 日汰投手(開志学園)は、投打の柱として、昨夏新潟大会4強を経験した。

 高橋 大地内野手(秋田南)は昨夏秋田大会でチームを決勝戦まで導いた左の強打者。恵まれた体格からの強烈なスイングで、長打を量産する。

 地元の強豪・函館大有斗から竹田 翔太郎内野手、小浜 大輝内野手、荒川 龍星外野手も合格。竹田は2年秋の全道大会では2試合連続弾を記録している。

 また、内野手として、森 健太郎聖望学園)、学生コーチとして矢口 祐太郎(岩瀬日大)が合格した。