東都1部への復帰を目指して春季リーグで2部優勝を目指す東洋大がこのほど、新入生を発表し、4月から入学する1年生の顔ぶれが出揃った。

 巨人・太田 龍投手(れいめい出身)の弟である太田 虎次朗投手(明豊)や、名門・大阪桐蔭から進学する花田 旭外野手などに注目が集まりがちだが、八巻 真也内野手(仙台育英)にも注目してほしい。

 全国大会の最高成績は21年センバツのベスト8。春夏合わせても、センバツ準優勝の明豊・太田や、夏の甲子園準優勝の智辯学園植垣 洸捕手に続く成績を残している。

 八巻自身もセンバツで結果を残した。

<21年センバツの打撃成績>
3試合出場 11打数6安打 打率.545
1本塁打 2打点 出塁率.643 長打率1.000 OPS1.643

 主に3番打者として出場することが多かったが、タレント揃いの仙台育英の中でも、好成績を残した。

 さらに、例年になく少なかった9本の大会本塁打のうち、八巻が1本打っている。しかも、その相手は当時天理のエースで、昨年秋に日本ハムからドラフト1位指名された大型ルーキー・達 孝太投手。2回戦の神戸国際大附(兵庫)戦では、4打数4安打1打点の活躍だったが、二刀流で知られた阪上 翔也投手を含めた強力投手陣から快音を響かせた結果だった。

 数字だけではない。八巻のスイングを間近で見たことがあったが、吸い込まれるような魅力がある。171センチ、70キロと、決して大柄な体格ではない。しかし、その引き締まった全身を使った豪快なフルスイングから、木製バットの乾いた音がグラウンドに響く。打球もあっという間に外野まで飛んでいく。「気持ちいい」の一言しか出てこなかった。

 先輩はもちろんだが、東洋大には同年代にも力のある選手が揃っている。リーグの他チームでは、仙台育英のチームメートだった渡邉 旭内野手が1部の駒澤大へ進学する。他大学のライバルにも刺激を受けて、八巻の豪快スイングが早くから見られることを楽しみにしたい。