1月28日にいよいよ2022年選抜高校野球大会の出場32校が決定する。これまでに数々のドラマを生んできたセンバツ出場校の発表。今年はどんなドラマが待っているのだろうか。

 運命の日を前に、過去のセンバツ出場決定で起こった「サプライズ」を振り返ってみたい。

あわせて読みたい!
県4強、近畿16強敗退でまさかの吉報!1984年センバツで起こったサプライズ選出
初戦敗退も「センター返し」が評価され逆転選出!2003年センバツの近畿6枠目争い
条件重なり和歌山の古豪が逆転選出!70年ぶりの出場を勝ち取った2007年センバツ
菊池、大谷、佐々木...花巻東のスター数珠繋ぎは2009年センバツ「逆転選考」から
「東北絆枠」選出の山形中央、落選酒田南も意地見せた!2013年センバツのドラマ
激戦の選考だった2017年センバツの「慶應VS日大三」メンバーのレベルも高かった!
153キロ左腕を擁した横浜が「史上初」パターンで選出された2019年センバツ選考

2003年(平15)第75回大会

「センター返し選考」ともいうべきだろうか。近畿の6枠目をめぐって最終的な選考理由が「センター返しが上手い」近大附(大阪)がセンバツ出場を手にした。

 前年秋の近畿大会で大阪勢の3校、1位近大附、2位東海大仰星(現東海大大阪仰星)、3位大阪産大附すべてが初戦敗退してしまった。優勝したのは平安(京都)、準優勝は智辯和歌山(和歌山)、4強が斑鳩(現法隆寺国際=奈良)と東洋大姫路(兵庫)だった。この4校はすんなり選考されたが、残り2枠をどうするか。優勝した平安に準々決勝で接戦の末に2点差で敗れた近江(滋賀1位)が実力を認められて、5校目に選考された。

 さて6校目である。ベスト8に入った箕島(和歌山)、南部(和歌山)、育英(兵庫)のうちいずれかの高校かと思われたが、選考対象校に近大附が入っていた。初戦敗退ながら大阪で優勝し、潜在能力の高さが認められていた。和歌山1位の南部と兵庫1位の育英、それと近大附の争いで激論が交わされたという。そして最終的に「センター返しができる粘り強い打線をもっている」という理由で近大附が6枠目を勝ち取った。

 大阪勢はそれまで1度しかセンバツ出場を逃したことがなかった。地元チームがゼロというのはさすがにどうかという判断もあったかもしれない。

 近大附は1984年には、前年の近畿大会で4強に入りながら、同8強に入れなかった大阪の進学校・三国丘に敗れてセンバツを逃していた。「センター返し」で悲しい過去を払拭した形となった。センバツの初戦では、のちに阪神に入団する小嶋 達也投手擁する遊学館(石川)に8対16で敗れた。相手の16安打とほぼ互角の15安打を放ったが敗戦。5点差を一気に追いついた6回攻撃途中で降雨ノーゲームとなった末の再試合でもあり、ツキもなかった。

 近大附はこの年の夏は準決勝で敗れ甲子園は逃している。センバツ選考に敗れた南部は決勝で敗れ、箕島育英は4強どまり。どのチームも夏の甲子園には届かなかった。

 ちなみに、2003年センバツの選考では、北信越で単純に戦績のみで選考されなかったこともあった。優勝した遊学館ともう一つの1枠には、準優勝した福井商ではなく、優勝した遊学館に準々決勝で1対2で敗れた福井(現福井工大福井)が選考された。理由は県大会での直接対決で福井が勝利していること、エース投手が前年秋以降の防御率0点台と安定感を誇っていることが挙げられた。地区大会1勝のチームが3勝したチームに競り勝って選考される形となった。