センバツの舞台で多くの選手が脚光を浴び、プロ入りにつながった選手も多い。2019年からは3人のドラ1選手が「誕生」した。

 星稜のエース奥川 恭伸投手はヤクルト1位指名を受けた。18年には春夏連続出場。2年生ながらU-18代表に選出されて明治神宮大会で準優勝した。どの大会でも圧倒した投球を見せ、注目度はNo.1だった。2019年の年明けからドラ1候補に名前が挙がるほどだった。センバツの初戦で履正社(大阪)と対戦すると、なんと17奪三振の完封勝利と圧巻の投球を見せた。2回戦で習志野(千葉)に敗れたが、奥川はこの大会でドラ1評価を不動のものとした。

 東邦石川 昂弥は、「エース」「主将」「4番」の三役を務めた。打者としては3本塁打を記録。決勝の習志野(千葉)戦では2本のアーチを描き、ファンを沸かせた。投手としても、右サイド気味から140キロ前後の直球をコーナーに散らし、安定感抜群の投球を武器に決勝戦で完封勝利。平成最後のセンバツ優勝に貢献した。この大会の活躍や、春以降の活躍で、ドラ1評価を与えられ、中日、オリックス、ソフトバンクの3球団の競合の末、中日が交渉権を獲得。2019年の高校生No.1スラッガーとして、活躍を期待されている。

 そして、桐蔭学園森 敬斗内野手。2018年の秋季関東大会・常総学院(茨城)戦で、逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、守っては三遊間の深い位置からダイレクト送球でアウトにするなど、攻守ともにハイレベルなパフォーマンスで注目を浴びた。センバツでは啓新(福井)戦の前に初戦敗退。それでも自身は4打数3安打を放ち、評価を高めた。森を最も評価したのが地元球団のDeNA。単独1位指名となり、桐蔭学園として42年ぶりの高卒選手となった。


(記事:河嶋 宗一