21年の大阪桐蔭ナインは、近年トップクラスのタレント力があるとの呼び声が高かった。現段階で確定となっている選手の進路を見ていきたい。

【NPB】
投手 松浦 慶斗(日本ハム)
外野手 池田 陵真(オリックス)
【大学】
投手 関戸 康介(日本体育大)
捕手 田近 介人(立正大)
内野手 繁永 晟(中央大)
内野手 藤原 夏暉(青山学院大)
外野手 花田 旭(東洋大)

 NPBに進んだのは、150キロ左腕・松浦と強打の外野手・池田の2人。1年目に、どこまでレベルアップできるか。

 150キロを超える速球を投げ込む関戸は、投手育成力が高い日本体育大に進むことが決まった。確実性が高いスローイングが持ち味の捕手・田近は東都2部の立正大へ。二塁・繁永は中央大、遊撃・藤原は青山学院大と、俊足二遊間コンビの進路も決まった。ドラフト候補として注目された花田は東洋大に進む。

 NPB、東都、そしてNPBからのドラフト指名が続いている日本体育大と、進路も充実している21年の大阪桐蔭ナインの今後が楽しみだ。

(記事:河嶋 宗一